【Drone】VTX購入時に気を付けること

VTX購入時に気を付けることを備忘録としてまとめました。


目次

 

 

VTX購入時に気を付けること

VTXとはドローンにカメラを搭載し、FPV(First Person View;一人称視点)でドローンを操作するために必要な部品。

VTXの送信出力

VTXの送信出力としては25mW、200mW、800mWが主流。

家の中で飛ばす場合は25mWで十分。屋外や体育館などで飛ばす場合は200mWあれば十分。800mWはあまり利用されない。

 

VTXの取り付け用穴の位置と穴のサイズ

VTXはドローンに乗せるので、フレームに固定する必要がある。そのため、フレームの固定方法を合わせておくこと。

 

VTXとアンテナの接続方法

アンテナとの接続コネクタの種類はいくつかあるので注意。

  • SMA-JACK
  • SMA-PLUG
  • RP-SMA-JACK
  • RP-SMA-PLUG

 ※JACKはオス、PLUGはメスを表す。また、RP-はオス/メスが逆になっている。アンテナのコネクタとVTXのコネクタはオス/メスで合うようにすること。

 

VTXの重量

VTXは自作した場合、取り外しができるため、航空法の模型航空機(200g未満)の重量カウントには入らないらしい。ただし、明確な規定があるわけではないため、VTXとカメラを含めて200g未満にできれば良い。

  

VTXの使用する電波周波数

電波は利用用途によって周波数が割り当てられているため、基本は勝手に使用できない。

VTXでよく利用される電波周波数は5.8GHzであり、これは許可がないと送信してはいけない。日本国内では、アマチュア無線として開局申請すれば、使用できる。そのため、アマチュア無線4級の資格取得は必須。

 

VTX に技適マークはあるか?

技適マークとは日本国内で電波を送信してよいと許可された無線装置につけることが義務図けられたもの。技適マークのついていない無線装置は日本国内で電波を送信してはいけない。

技適マークをとっているかは以下の総務省のWebページから確認できる。

総務省電波利用ホームページ

 

関連情報

その他の部品について気を付けることや部品の検討については以下。

ドローン部品の購入に向けて、いろいろと検討したので備忘録としてまとめした。

 

 

以上。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする