(2024年 R6春)情報処理安全確保支援士に向けて 新問題形式、テキストについて調べてみた

資格
スポンサーリンク

R6春の情報処理安全確保支援士に受験予定です。
R5秋から出題形式が大きく変わったので、事前にネットで下調べしました。

 

情報処理安全確保支援士とは

情報処理安全確保支援士とは
  • 情報処理安全確保支援士は情報セキュリティの専門家であり、
    IPAが実施する国家資格です。
  • 受験資格は特になく、受験料は7,500円です。
    毎年 春期/秋期(4月と10月)に実施され、6月/12月中旬に合格発表がされます。
https://www.ipa.go.jp/shiken/kubun/sc.html

 

資格の基本情報は以下の通りです。

項目情報
受検資格なし。誰でも受けられます。
略号SC
実施方式・実施時期春期/秋期(4月と10月)の年2回実施予定
受験料7,500円
申込受付期間1月/7月頃(IPAホームページ⇒CBTSで申込)
受験地全国の受験会場
合格発表日6月/12月中旬

 

試験時間・出題形式・出題数(解答数)は以下の通りです。

項目午前I午前II午後
試験時間9:30-10:20(50分)10:50-11:30(40分)12:30-15:00(150分)
出題形式多肢選択肢(四肢択一)多肢選択肢(四肢択一)記述式
出題数・解答数出題数:30問
解答数:30問
出題数:25問
解答数:25問
出題数:4問
解答数:2問
https://www.ipa.go.jp/shiken/kubun/sc.html

 

R5秋期から出題形式が変更!

R5秋期から出題形式が変更!
  • 午後Iと午後IIが1つの試験に統合された。
https://www.ipa.go.jp/shiken/syllabus/henkou/2022/20221220.html

 

新問題形式について合格体験記やTwitterログを漁ってみた

合格体験記やTwitterログを漁ってみた結果
  • 合格率は変化なし。
    ⇒合格率的には、難易度は例年通りみたい。
  • 難易度は簡単派と難しくなった派で割れているみたい。
    もちろん選択した問題にもよるとは思うが。
  • 午後の試験時間は、試験時間は余裕あり。との声がある一方で、
    旧午後II(120分/1問)を150分で2問解きなさいと感じた人もいる。
  • R5秋の試験では、問4で「あなたの知見に基づき」というフリースタイル(論述式みたいな?)の問題が出たとのこと。この問題に驚いている受験者が多くいた。

詳細はこちら

情報処理安全確保支援士 R5秋期から新形式に変更したので、合格体験記やTwitterログを漁ってみた。
R5秋期から情報処理安全確保支援士の出題形式が大きく変わったようなので、どのような問題がでたのか、難易度はどうなのか、などを合格/受験体験記、Twitterログから「生の声」を漁ってみました。

 

新問題形式に対応したテキストを調べてみた

情報処理安全確保支援士のテキストは幾つかあります。
が、こういった新問題形式となったときは、古い情報のままになっていないかが重要かと思います。
そのため、以下のような観点でテキストを調査してみました。

新問題形式に対応したテキストの調査観点
  • 発売日は?
    2022/12/20以前のものであれば、新形式変更の通知がIPAより出るよりも前なので、
    新問題形式には対応していないはず。
  • テキストが新形式対応しているか?
    今回の新形式対応で午後問題が統合されたので、テキストでの安全確保支援士の試験説明のページで午後問題が統合されているか/いないか、で判断しました。
  • R5秋過去問題解説がついているか?
    PDFで後日DLするのも可とします。
  • Amazon評価と評価数はどうか?

 

調査日:2023年12月29日

 

 

さいごに

R6春の情報処理安全確保支援士に受験に向けて、皆さんの参考になると幸いです。
頑張りましょう!

 

なお、自分は「徹底攻略 情報処理安全確保支援士教科書 令和6年度」と「2024 情報処理安全確保支援士「専門知識+午後問題」の重点対策」をKindleで購入することにしました!

 

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました