【Blender 勉強3】カエルのキャラクターを自作して、Unityで動かすことができました!

雑記
スポンサーリンク

こんにちは、shiguregakiです。

 

先日、Youtubeの「天使のBlender2.8入門」を観ながら、ゆるキャラを作ることができたので、今回は自分で下絵から作ってモデリング~アニメーション、Unityへの組込みまでを挑戦してみました!

 

 

今回作ったキャラクターは、、、

カエルくん

です!

ゆるきもくていい感じです!笑

 

 

6時間程度の作業で下絵、モデリング、テクスチャペイント、ボーン、ウェイトペイント、アニメーション、Unityへの組込みまで完了することができました!
思ったより時間がかかってしまいましたが、初めてにしてはいい感じにできたのではないでしょうか?

自分でキャラクターを作り出すことができて結構感動しています!

 

 

せっかくなんで、作ってみて感じたことを箇条書きにしておきます。

 

【作ってみて感じたこと】

  • Blenderは機能が盛りだくさんで、一朝一夕でマスターできる代物ではない。
    • 継続的に使って慣れるしかないと思う。
  • Blenderはショートカットキーがたくさんありすぎ!
    • 覚えればかなり効率的に作業ができそう
  • 下絵がないとモデリング時に迷子になる。
    • 下絵は前と横で用意して、それぞれの大きさをきちんと合わせること!
  • モデリングで失敗したとき修正がめんどい。
    • ある程度Ctrl+Zで戻れるけど、限度がある。
    • フェーズごとや大きな修正をする場合など、適宜バックアップを取ることを習慣づけたほうが良さそう。
  • ペイントは簡単なゆるキャラだとBlenderのテクスチャペイントでどうにかなりそう。
    • べた塗+少しの模様であればBlenderにあるテクスチャペイントでも対応できそう。
    • 高度なキャラクターになってくるとペイントソフトを準備したほうがいいと思う。

 

 

とりあえず、Blenderで簡単なキャラクターを作るイメージはつけたかと思います。

もともとAR・VRを目指して勉強しているので、今後はUdemyの「Unity3D入門の決定版!RPG開発の基本をUnityインストラクターと共に進めるハンズオンコース【スタジオしまづ】」で3Dゲームの勉強を進めていきたいと思います。

 

Unity3D入門の決定版!RPG開発の基本をUnityインストラクターと共に進めるハンズオンコース【スタジオしまづ】
アクションRPG開発を通して、AR/VRでも使われるUnity3Dのアニメーション制御が学べる超入門講座!C#プログラミングに不安がある初心者でもしっかり学べるイラスト解説&演習問題付き。コースが終わる頃にはあなたも立派な3Dゲーム開発者!

 

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました