Amazon自動注文ボタン 「AWS IoT 1-Clickボタン(AWS の Seeed IoT Button) +AWS Lambda」構成の費用検討

調査
スポンサーリンク

目次

 


 

 

はじめに

以下のイメージ図のように、ボタン押したら自動で商品を注文するようにできたらいいなあと思い、「Amazon自動注文ボタン」を自作する方法を調べました。

 

事前調査したところ、「Amazon自動注文ボタン」を自作する方法としては、
以下のような方法があることがわかりました。
本ブログでは、AWS IoT 1-Clickボタン(AWS の Seeed IoT Button) +AWS Lambdaで作った場合の費用を検討します。 

【Amazon自動注文ボタンを自作する方法】

  1. 共有アカウント+バーチャルダッシュ
  2. AWS IoT ボタン(AWS の Seeed IoT Button)+AWS IoT Core+AWS Lambda
  3. AWS IoT ボタン(SORACOM LTE-M Button)+AWS IoT Core+AWS Lambda
  4. AWS IoT ボタン(AWS IoT Button Dev)+AWS IoT Core+AWS Lambda
  5. AWS IoT 1-Clickボタン(AWS の Seeed IoT Button) +AWS Lambda
  6. AWS IoT 1-Clickボタン(SORACOM LTE-M Button) +AWS Lambda
  7. 自作ボタン+AWS IoT Core+AWS Lambda
  8. 自作ボタン+ブラウザ アマゾンアカウントで注文

 

その他の構成の検討については、以下のブログをご覧ください。

404 NOT FOUND | Create it Myself
週末エンジニアの備忘録

 
 

AWS IoT 1-Clickボタン(AWS の Seeed IoT Button) +AWS Lambda」のイメージ図

「Seeed IoT Button」は「AWS IoT Core」や「AWS IoT 1-Click」のようなAWSサービスに接続することができるボタンです。
「Seeed IoT Button」をクリックすると、AWS上のLambda上の自動購入プログラムが実行されて、
商品を購入するような流れとなります。

 

 

費用の検討

上で記載したシステムイメージを実現した場合の費用を見積もりました。

 

費用項目初期費用ランニングコスト備考
AWS の Seeed IoT Button8,059円ー円/月
NCR18650Bバッテリー1,400円ー円/月推奨されている電池
インターネット通信費ー円ー円/月自宅既設のネット回線を使用するため、
費用はかからない想定
AWS IoT 1-Clickー円27.5円/月
AWS Lambdaー円0.0015円/月
合計9,459円27.5015円/月

 

Seeed IoT Button

「Seeed IoT Button」は「AWS IoT Core」や「AWS IoT 1-Click」のようなAWSサービスに接続できる、AWSの公式ページで紹介されている中で唯一Wi-Fiに接続できるボタンとなります。[1]

2021年7月頃の価格にはなりますが、8,059円と少しお高いです。
また、別売りのNCR18650B充電式リチウムイオンバッテリーの購入が必要になります。

 


AWS用IoTボタン - クラウドプログラム可能なダッシュボタン
Amazon

 

 

NCR18650Bバッテリー

「Seeed IoT Button」の推奨している充電式リチウムイオンバッテリーが「NCR18650B」のため、
それを購入することにしてます。
2021年7月頃の価格にはなりますが、1,400円でした。

 


3400mAh パナソニック NCR18650B リチウムイオンバッテリー
 楽天 

 

  

AWS IoT 1-Click

「AWS IoT Core」は、IoTデバイスをAWSクラウドに接続するサービスです。

AWS IoT 1-Click は、アクションを実行する AWS Lambda 関数をシンプルなデバイスでトリガーできるようにするサービスです。

AWS IoT 1-Click のサポート対象デバイスは、テクニカルサポートへの通知、アセットの追跡、商品またはサービスの補充などのアクションを簡単に実行できます。

引用元:AWS IoT 1-Click

 

 

価格については、接続するデバイス数に応じて、料金が発生します。

有効なデバイス数 1~14,999の場合
・0.25USD/月/個数
引用元:AWS IoT 1-Click の料金

 

上記の料金をもとに月額料金を見積もってみました。
なお、料金を算出するにあたって、メッセージ数等の条件は以下としました。

  • 有効なデバイス数は1コ

 

0.25 USD/月/個数 x 1 device = 0.25USD/月
1USD = 110円とすると、27.5円/月

 

 

AWS Lambda

「AWS Lambda」は、サーバレスコンピューティングサービスで、AWS上のイベントに応じて、プログラムを実行することができます。
「AWS IoT Core」がボタンからの操作イベントを受信したら、「AWS IoT Core」から「AWS Lambda」上でプログラム実行を行うようにします。

AWS Lambda はサーバーレスコンピューティングサービスで、サーバーのプロビジョニングや管理、ワークロード対応のクラスタースケーリングロジックの作成、イベント統合の維持、ランタイムの管理を行わずにコードを実行できます。

Lambda を使用すれば、実質どのようなタイプのアプリケーションやバックエンドサービスでも管理を必要とせずに実行できます。

引用元:AWS Lambda

 

 

価格については、リクエスト数と実行時間によって課金されるようです。

※「アジアパシフィック(東京)リージョン」の場合

リクエスト
リクエスト 100 万件あたり 0.20USD

実行時間
GB-秒あたり 0.0000166667USD

引用元:AWS Lambda 料金

上記の料金をもとに「AWS Pricing Calculator」で月額料金を見積もってみました。
なお、料金を算出するにあたって、メッセージ数等の条件は以下としました。

  • リクエスト数は6回/月(1週間に1回+予備2回)
  • 実行時間は1秒とする(適当)
  • 割り当てたメモリ量は最小の128MB

 

単位変換
割り当てたメモリ量: 128 MB x 0.0009765625 GB in a MB = 0.125 GB
料金の計算
6 requests x 1,000 ms x 0.001 ms to sec conversion factor = 6.00 total compute (seconds)
0.125 GB x 6.00 seconds = 0.75 total compute (GB-s)
0.75 GB-s x 0.0000166667 USD = 0.0000125 USD (monthly compute charges)
6 requests x 0.0000002 USD = 0.0000012 USD (monthly request charges)

合計すると、0.0000137USD/月

1USD = 110円とすると、0.001507円/月

 

  

 

まとめ

「AWS IoT 1-Clickボタン(AWS の Seeed IoT Button) +AWS Lambda」で
Amazon自動注文ボタンを自作した場合、
初期費用とランニングコスト(月ごと)は以下だと分かりました。

 

構成案初期費用[円]ランニングコスト[円/月]
AWS IoT 1-Clickボタン(AWS の Seeed IoT Button)
+AWS Lambda
9,459円27.5015円/月

 

参考

 

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました