ConoHa VPS上にDocker環境を構築する

ノウハウ
スポンサーリンク

 

ちょっとしたサービスを作りたいと思い、ConoHa VPS上にDockerを導入し、そこにWebサーバやAPLサーバを構築することにしました。そのときの手順を備忘録としてまとめたいと思います。
ConoHa VPS
は、仮想専用サーバのサービスで、初期費用不要で月に数百円で利用できるため、ちょっとしたサービスを作るのにも敷居が高くなく、とても重宝しています。

 

目次

 


 

事前準備

ConoHa VPSでLinuxサーバが構築済みであり、サーバにはSSH接続できている状態であることを想定します。
もし、Linuxサーバの構築がまだである場合は、以下のブログを参考に構築をしてください。

ConoHa VPSでサーバ構築する
 レンタルサーバでは管理者権限が実行できず、いろいろ制限が多く不便だったため、初期費用不要で月に数百円で利用できるConoHa VPSを契約することにしました。※VPSとは「Virtual Private Server」の...

 

もし、ドメインを設定する場合は、以下のブログを参考にしてください。

ConoHa VPSにドメイン設定する
本記事では、ConoHa VPSを使って、「ConoHa VPSにドメイン設定する」、「ConoHa VPSに設定したドメインに対してSSHアクセス」についてまとめました。

 

Dockerをインストールする

Dockerのインストール方法はいくつかありますが、一番簡単なスクリプトでインストールすることにします。

 

スクリプトでのインストール

ConoHa VPSにSSHログインし、以下のコマンドを実行してください。

$ cd ~
$ curl -fsSL get.docker.com -o get-docker.sh
$ sudo sh get-docker.sh

 

Dockerのバージョン確認

Dockerが正しくインストールできていれば、以下のコマンドを実行すればバージョンを確認できるはずです。

$ docker version

【実行結果】

Client: Docker Engine - Community
 Version:           19.03.8
 API version:       1.40
 Go version:        go1.12.17
 Git commit:        afacb8b7f0
 Built:             Wed Mar 11 01:25:46 2020
 OS/Arch:           linux/amd64
 Experimental:      false

本記事を記載した2020年3月21日時点の最新バージョンがインストールされています。

 

一般ユーザをDockerグループに追加

一般ユーザで docker を実行する場合には、 docker グループ に所属している必要があるので、以下のコマンドでユーザをdocker グループに追加します。

$ sudo usermod -aG docker [ユーザ名]

 

docker グループに入ったか確認するには、以下のコマンドを入力します。

$ cat /etc/group | grep [ユーザ名]

【実行結果】

docker:x:999:[ユーザ名]

 

docker-composeをインストールする

Docker Composeは複数のコンテナを一括管理することができ、NginxやWebサーバ、APLサーバなどの複数のコンテナを一括で管理することができます。ここでは、Docker Composeのインストール方法をまとめます。

 

Docker Composeをインストール

ConoHa VPSにSSHログインし、以下のコマンドを入力します。

$ sudo curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.25.4/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

この記事執筆時点の2020年3月21日では最新バージョンが1.25.4でした。バージョンはアップデートされている可能性があるので、以下のURLにアクセスして、最新のバージョンにURLを書き換えてください。

docker/compose
Define and run multi-container applications with Docker - docker/compose

 

Docker Composeのバージョン確認

Docker Composeが正しくインストールできていれば、以下のコマンドを実行すればバージョンを確認できるはずです。

$ docker-compose -v

【実行結果】

docker-compose version 1.25.4, build 8d51620a

「Docker Composeをインストール」でインストールしたバージョンが表示されているはずです。

 

これでDockerとDocker Composeの環境構築は完了です。

 

関連情報

ConoHa上でLinux環境を構築したり、DockerでWebアプリを立ち上げたりしました。以下の記事でまとめたので、よろしければご覧ください。

ConoHa VPS上でいろいろやってみる
ConoHa VPS上にDockerを導入したり、DjangoでWebアプリを立ち上げたりといろいろしたので、そのブログのリンクをまとめたいと思います。

 

広告

ConoHa VPS は初期費用不要で月に数百円で利用できる仮想サーバのサービスです。
以下のような方には非常にオススメのサービスとなっています!

  • 勉強がてらLinuxの環境をちょっと触ってみたい
    管理者権限が実行可能なLinuxサーバ環境が構築可能です!
  • スモールスタートでサービスを提供して、うまくいったら規模をスケールアップしたい
    後からメモリサイズやCPU数などのスケールアップ/スケールダウン可能です!
  • AWSやGCPなどのクラウドサービスは高いので、もっと安くサーバ構築したい
    初期費用なし、月数百円(1時間単位も可)で利用可能です!

 


 

Dockerをやるなら以下の書籍がオススメです。
Dockerとは何か?から複数のコンテナを管理することができるDocker Compose、Kubernetesまでまとめられています。

 

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました