WordPressのテーマをSimplicity2からCocoonに移行しました

ノウハウ
スポンサーリンク

 

 

長らく使っていたWordPressのテーマであるSimplicity2をCocoonに移行しました。CocoonはSimplicity2の開発メンバーが新規に立ち上げたテーマのため、移行もスムーズにできました。

移行のときにやったことを備忘録として残しておこうと思います。

環境:

  • サーバ:Xserver X10プラン
  • WordPressのバージョン:5.3.2–ja

※Cocoonのインストール手順は環境依存しないと思いますが、バックアップはご自分の環境に合わせてください。

目次

 

WPのバックアップ

WPの設定をいろいろと変更するので、設定前の状態をバックアップする。

WP関連のコンテンツをバックアップ

wp-adminやwp-contentなどWordPress関連のファイルをまるごとバックアップする
※ブログを導入している環境にもよるので、ご自分の環境に合わせる必要あり

  • バックアップ時に使用するコマンド
$ cd [WP関連ファイルが格納されているディレクトリ]
$ tar -zcvf  [バックアップファイル名].tgz [バックアップ対象のフォルダ名]
  • FTP等でバックアップファイルをバックアップファイル格納場所に移動させる

データベースのバックアップ

WordPressのデータを格納しているデータベースのバックアップをする。
※ブログを導入している環境にもよるので、ご自分の環境に合わせる必要あり

  • Xserverのサーバーパネルにログインし、データベースのバックアップ

テーマへのカスタマイズ内容(テーマエディタ)をバックアップ

子テーマへ加えたカスタマイズをバックアップする。
※ブログに導入しているテーマによるので、ご自分の環境に合わせる必要あり

以下は、Simplicity2⇒Cocoonへの移行を想定。

  • 自分のブログにログインし、テーマエディタを開く 以下のファイルについてカスタマイズした内容をバックアップしておく
    • style.css
    • function.php
    • editor-style.css
    • mobile.css
    • responsive.css
    • javascript.js
    • before-main.php
    • footer-insert.php
    • footer.php
    • header-insert.php

Cocoonをダウンロード

参考:

Cocoonの親テーマと子テーマをダウンロード

以下のサイトからダウンロードできる。
https://wp-cocoon.com/downloads/

テーマをインストールする

WordPressにログインして、外観⇒テーマ⇒新規登録⇒テーマのアップロード
を操作し、先ほどダウンロードした親テーマと子テーマをインストールする

子テーマを有効化する

テーマは子テーマを有効化して、カスタマイズ部分は子テーマ側に実装するのが一般的です。
テーマのアップデートがあったとき、親テーマをアップデートして子テーマをそのままっていう使い方をするためです。
こうすれば、アップデートしても子テーマにあるカスタマイズ部分は上書きされないってことです。

Cocconをカスタマイズ

テーマへのカスタマイズ内容(テーマエディタ)を反映

自分のブログにログインし、テーマエディタを開く
「テーマへのカスタマイズ内容をバックアップ」でバックアップした内容を反映

注意:
見出しのデザインを決めるCSSですが、子テーマでの変更が親テーマのstyle.cssの影響を受けるみたいなので、子テーマ側で親テーマの設定を無効化してやる必要があるみたいです。

以下のサイト参考
【Cocoon】記事の見出しデザインをカスタマイズする方法(h2〜h6)

Cocoon設定

左メニューにあるCocoon設定でいろいろ設定できる。
プレビューがあるので、確認しながら好みのデザインに合わせられる。

変更(例)

  • サイトタイトルを画像に変更
    • Cocoon設定⇒ヘッダー⇒ヘッダーロゴにサイトタイトルの画像を登録
  • パンくずリストを載せる
    • Cocoon設定⇒投稿⇒パンくずリスト設定で表示するように設定
    • Cocoon設定⇒固定ページ⇒パンくずリスト設定で表示するように設定
  • Simplicityからの投稿設定を引き継ぐ
    • Cocoon設定⇒その他⇒Simplicity設定の「Simplicityから投稿設定を引き継ぐ」をチェックつける

デザインのカスタマイズメモ

Cocoon設定ではサイトの構成や簡単なデザインの変更はできるが、自分の好みに合わせて変更する場合はstyle.cssにcssコードを追加する必要がある。
幾つかのサイトのデザインを変更したのでメモとして残しておく。

メニューバーのデザイン変更

テーマエディタのstyle.cssに追加する。
【追加した内容】

  • 背景と青ベース
  • 文字の色を白に
/*メニューバーの色設定*/
#navi ul{
    background-color:#4169e1;
}
/*メニューバーの文字設定*/
#navi ul li a{
    color:#fff;
}
/*カーソルが乗っているときの色設定*/
#navi ul li a:hover{
    background-color:#87ceeb;
}

サイドバーのデザイン変更

デフォルトは以下のように設定されている。

.sidebar h3 {
    background-color: #f3f4f5;
    padding: 12px;
    margin: 16px 0;
    border-radius: 2px;
}

以下について変更をし、テーマエディタのstyle.cssに追加する。
【変更点】

  • 背景と青ベース
  • 文字の色を白に
  • 文字を中央寄せに
  • 外枠をもう少し丸っぽく
.sidebar h3 {
    background-color: #4169e1;
    text-align: center;
    color: #ffffff;
    padding: 5px;
    margin: 16px 0;
    border-radius: 5px;
}

カテゴリラベルのデザイン変更

※カテゴリラベルは左上にある「ノウハウ」ってかかれているやつ

デフォルトは以下のように設定されている。

.cat-label {
    position: absolute;
    top: 0.3em;
    left: 0.3em;
    border: 1px solid #eee;
    font-size: 11px;
    color: #fff;
    background-color: rgba(51, 51, 51, 0.7);
    padding: 1px 5px;
    max-width: 80%;
    white-space: nowrap;
    overflow: hidden;
    text-overflow: ellipsis;
}

【変更点】

  • 背景と青ベース
  • 外枠をもう少し丸っぽく
.cat-label {
    position: absolute;
    top: 0.3em;
    left: 0.3em;
    border: 1px solid #eee;
    font-size: 11px;
    color: #fff;
    background-color: rgba(65, 105, 225, 0.7);
    border-radius: 5px;
    padding: 1px 5px;
    max-width: 80%;
    white-space: nowrap;
    overflow: hidden;
    text-overflow: ellipsis;
}

 

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました