ESP8266 SPIFFS ファイルシステムアップローダーの使い方

ESP8266向けのファイルシステムアップローダを接続するのに苦戦したので、導入方法、設定内容について備忘録を残しました。

 

目次

 


ESP8266 SPIFFS ファイルシステムアップローダー導入方法

  • 2. Arduino IDEにダウンロードしたZipファイルをインストールする

 

 

ボードの設定値(例)

ESP8266といっても、購入したボードによっては仕様が異なります。自分は購入元の仕様書と同じ値に設定値にしてもSPIFFSへアクセスできず。。。。とても苦労しました。ネットで調べると同じように苦労している人が多いようです。
自分はいろいろ試行錯誤の結果、

Upload Speedが速すぎるとダメ

ということが分かりました。

 

以下に、自分の購入しているボードの型番とその設定値をまとめておきますので、同じように苦労している人の参考になれば幸いです。

 

 

  • 設定した値:

この中で、秋月のページに張られていた仕様書から変更したのは「Flash Mode」と「Upload Speed」です。

「Flash Mode」はQIO->DIOに変更
「Upload Speed」は921600->115200に変更

いろいろいじってみた結果、Upload Speedが速すぎるとSPIFFSと同期?がとれないのか、うまくいかないようです。ただ、腑に落ちないのが何回かやっているとUpload Speedが921600でもたまに成功することです。このため、同じ条件でもうまくいった人といかなかった人がいるのではないでしょうか。

 

 

以上!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする